お茶タイム♪

アラフィフのシングルライフ〜仕事と男〜

ある意味、おとぎ話

今朝は、お腹が空いて6:00に起床し、

いそいそと朝食の準備をしました。

離職してからは、規則正しい生活というより、

身体に従う生活になってしまい、そしたら、

1日の時間がだんだんズレていくようになりました。

人間の体内時計は25時間周期だそうですが、

本当にその通りだなーと、

いま身をもって実感してます。

活動時間帯が、夜からまた日中に戻ってきましたもの。



ところで、先日テレビで放映されてた「昼顔」

観ました。


わたし的には、すごくよかったです。

不倫しない派ですが、心揺さぶられて大変でした。

あのアンニュイな挿入歌もステキでした。

不倫をエンターテイメントにすると、ああなるのかぁ〜

誰も幸せにならないというね、、、


でも、あれはただのフィクションで、

現実とは違うからなぁ〜

たぶん、現実の不倫組はもっとウハウハというか、

自分たちに都合のいい道を選んでるはず。

そもそも夫や妻と別れる気などない人が多いし、

美味しい部分だけつまみ食いしたい人がほとんどだと。

(不倫組のブログを読ませて頂いて感じた、

率直な感想です。不快に思われた方はスルーして

ください)

そういう人たちにとっては、あの作品は、

あまり良い印象ないかもしれませんね?

当事者ではないから、断言は出来ませんが。


あの作品が胸を打つのは、

本当に愛する相手と一緒になるために、

あえて危険を犯すところ、

あえて面倒を背負い込むところ、かな。

あのモンスターじみた妻と別れるの、まじで

命がけだし、世間体だってこわい。

でもね、以前やってたドラマの時、同じ職場の

同僚(主婦)が言ってたんですよね。

「いやいや、みんな、あの奥さんのこと怖い

って言うけど、意味わからない。

だって、あの人、妻として当然の主張してる

だけだよ⁉︎もし、うちの旦那がやったら、

内容証明郵便で会社に事情を報告するよ」


その時は、大笑いしちゃったけど、

今は彼女の言うこと、もっともだと思う。


話が逸れてしまったけど、

昼顔のあの2人は、そういう諸々の困難と向き合い、

行動しましたからね。


「純愛」だと思いましたよ。