お茶タイム♪

アラフィフのシングルライフをつぶやきます

他人の不幸は蜜の味

以前に勤めていた会社の同僚なんですが、

仕事で、自分が窮地に陥ったり、うまくいかない時に、

必ず、私にメールしてくる女性がいます。


最初は、いいことが書いてあるのです。

仕事は大変だけど、これこれこんな事があって

とてもいい感じなんですよ、、、ところで、

のどかさんはどうされてますか?

気になってメールしてみました。


こんな感じです。


つい先日も来ました。


私はこの通り、いまは明日も見えない状態です。

会社のお局オバサンが云々、お給料が云々、

そんなわけで辞めます。

まだまだ落ち着かないですよ。


こんな風に返しました。


すると、相手は堰を切ったように、

自分の苦境をさらけ出し始めました。

実は自分もパワハラで悩んでて、上司とうまく

いかない。最近入ってきた新人さんのほうが

うまく立ち回ってて、それも苦しい。

のどかさんも、辛い思いをされてるんですね。

味方がいれば少しはいいのかもしれませんね。


だから私も答えました。


味方は3人いるのです。しかも、うち2人は

役職ある人。でも、これらの人より

お局オバサン1人の力が圧倒的に強くて、

抑え込まれてしまう。そんなこの職場に疑問を

感じてます。


そう返したら、相手がトーンダウン。

なんか大変そうですね。次はいい職場決まると

いいですね。


相手から聞かれたから、私は答えたのだけど、

どうも、相手としては、

「職場内で誰も味方がいない、みじめで孤独に

打ちひしがれたのどかさんであってほしい」

そんな期待があったのではないでしょうか。


辞めると騒いでるわりには、他の人より

お給料が高くて、一応味方もいるみたいな自慢

回答だったから、つまらなかったんじゃない

かな?


それきりメールは来なくなりました。


この彼女とは、いつもこのパターンです。


私は思うのです。


自分より辛い立場、自分より下の人を見て、

今の自分のつらさを和らげようとする人間は

けっこう多い。

他人の不幸は蜜の味、です。


今回は、彼女にとっての「不幸の基準」を

下回ったのでしょう。

始めはノリノリだったのに、尻切れトンボの

ようにメールが途絶えたのは、そのためでは

ないでしょうか。


彼女は、自分より不幸な人を探しているのです。


この元同僚、人の相談にのる仕事をしてます。

しょっ中、仕事がうまくいかないと悩んでいます。

そうでしょうね。

誰かの力になり、支える仕事は、

あなたには向いてません。


でも、私は絶対そんなこと教えてあげませんけどね。

ついに・・・

ところで、先日、いまの職場に退職を申し出ました。


短い滞在期間でした。

でも、中学高校レベルのイジワルに、

嫌気がさしてしまいました。

私の前任者が、入社後3日で辞めた気持ち、

今ならなんとなくわかります。

ここは閉鎖的な少人数の村。女の園。

一般的な社会人としてのルールもないみたい。

だって、挨拶さえ返してくれません。


私としては、教えてもらって覚えた仕事は、

忘れたくないし、復習も兼ねて、

自発的にどんどんこなしていました。

でも、それが気に入らない人たちがいる。


「ちょっと!やってって言われた?

勝手にやらないでよ!ひょっとして、これ

自分の仕事だと思ってる?

勘違いしないでよ!!

あんたの仕事じゃないから!!!」

とかね。

でも、そう怒鳴るお局オバサンの仕事でも

ないんです。


ある時は、みんなが忙しくしてるので、

作業の邪魔をしないように、こっそりと、

「なんかお手伝い出来ることあったら言ってください」

と申し出たところ、

「下を向いて言われてもねー」と言われたので、

彼女の顔を見て、再度、同じセリフを言うと、

相手は席を立ち、他の同僚のところへ行って

「なんかイラっとしちゃった!」

とか言ってるし。


うーん、万事がこうで、なんかこの職場、

そんなに人手を必要としてないのでは??と、

思ってしまいました。


きっと、私とは社風が合わないのかも。


もちろん、お給料が私のほうが高いことも

おおいに気にくわないのでしょうが。


何かを期待して、お給料を高めに設定して

くれた人事担当者さんには、本当に申し訳ない

気持ちでいっぱいです。


会社は入ってみないと、分からないものですね。

とある男性ブロガーさん

私は、ここ以外にもいくつかブログを書いているのですが、とあるサイトでコメントしてきた男性ブロガーさんについて、書きたいと思います。


まぁ、愚痴なんですけどね。。。


その方は、よほど人とコミュニケーション取ることが好きなのか、承認欲求が強いのか、はたまたヒマをもてあましてるのか、

とにかく、私以外にも沢山の女性ブロガーさんに絡んでいました。


私がアップする内容に対しても、いちいちコメントしてきて、それはありがたいのですが、必ず最後が「?」マークの質問形式で終わってるので、それに対して私もまたコメント返しをする、というように、ずっとラリーが続きます。

最初は楽しかったのですが、ある時、気がつきました。


コメントのラリーが続いたあと、必ず、最後は、その男性ブロガーさんの自慢話で終わるということに。


この男性、私のネタに関心のあるふりして、実は自分の自慢話を披露するタイミングを狙っていたのです。


で、披露できたところで満足するのでしょう。


〆は、私の「すごいですね!」「カッコイイですね!」という言葉で終了。


たぶん私と同年代。これまで彼女は何人もいたようなのに、その誰とも結婚まで至らなかった理由はこれかもしれませんね。


まぁ、男性にありがちな「オレってすごいヤツ!」尊大型ですね。

しかも、ストレートに表現するのではなく、相手(女性)に共感するふりして自分にすり替えるタイプ。


永遠にやってろ!と思います。


で、私の対応なんですが、思いきり持ち上げてやってます。

同じレベルに堕ちたくないですからね。

これも勉強です。

こういう男性、世の中に多いですから。

このおだてテクが、いつか仕事やプライベートで役に立つと良いな、そう思いながら。