お茶タイム♪

アラフィフのシングルライフ〜仕事と男〜

ついに・・・

ところで、先日、いまの職場に退職を申し出ました。


短い滞在期間でした。

でも、中学高校レベルのイジワルに、

嫌気がさしてしまいました。

私の前任者が、入社後3日で辞めた気持ち、

今ならなんとなくわかります。

ここは閉鎖的な少人数の村。女の園。

一般的な社会人としてのルールもないみたい。

だって、挨拶さえ返してくれません。


私としては、教えてもらって覚えた仕事は、

忘れたくないし、復習も兼ねて、

自発的にどんどんこなしていました。

でも、それが気に入らない人たちがいる。


「ちょっと!やってって言われた?

勝手にやらないでよ!ひょっとして、これ

自分の仕事だと思ってる?

勘違いしないでよ!!

あんたの仕事じゃないから!!!」

とかね。

でも、そう怒鳴るお局オバサンの仕事でも

ないんです。


ある時は、みんなが忙しくしてるので、

作業の邪魔をしないように、こっそりと、

「なんかお手伝い出来ることあったら言ってください」

と申し出たところ、

「下を向いて言われてもねー」と言われたので、

彼女の顔を見て、再度、同じセリフを言うと、

相手は席を立ち、他の同僚のところへ行って

「なんかイラっとしちゃった!」

とか言ってるし。


うーん、万事がこうで、なんかこの職場、

そんなに人手を必要としてないのでは??と、

思ってしまいました。


きっと、私とは社風が合わないのかも。


もちろん、お給料が私のほうが高いことも

おおいに気にくわないのでしょうが。


何かを期待して、お給料を高めに設定して

くれた人事担当者さんには、本当に申し訳ない

気持ちでいっぱいです。


会社は入ってみないと、分からないものですね。